http://a-drops.com


SALON
●TOP
●メニュー&料金
●サロン紹介
●セラピスト紹介
●ご予約状況
●ご予約方法
●アクセス
●Q&A
●お問合せ
●リンク
フェイシャル

BIOLAB
↑クリックすると
BIOLABフェイシャルメニュー
になります。

【当サロンではフェイシャル用
化粧品としてホリスティックケアを
提案しているバイオラブ
を使用しています】


BIOLAB
バイオラブとは?
こちらをクリック!!
SHOP

精油販売
自分に合った精油をじっくり
相談しながら選びたい、そんな方へ
店舗販売しています

SCHOOL

●資格対応講座●
アドバイザー講座
(公社)日本アロマ環境協会
アロマテラピーアドバイザー資格
取得を目指す教室です

●気軽な教室●
ワンデー教室
精油を生活に取り入れたい方
アロマテラピー初心者の方
向きです
いろいろ
●お客様の声●
お客様の声
(お客様の感想・嬉しいお言葉)
●おすすめ●
おすすめ
(「おすすめ」コーナーの過去ログ)
●ブログ●
Aroma drops*ブログ
(アロマのこと中心に書いてます)
香りのしずくブログ
(独り言的なブログです)

アロマテラピーの歴史について

何かとストレスを抱えている現代人にとって、アロマテラピーは心と身体を癒す方法のひとつであり、大切なものなのです。
そんなアロマテラピーをよく耳にするようになったのは、ここ数年のことですが、アロマの癒しの力は古代から注目されており長きにわたる歴史があります。

紀元前3000年

アロマテラピーという言葉は紀元前には存在しなかったものの、当時から人々は芳香植物を化粧品や医療目的などで使い始めるようになります。
古代エジプトではミルラやシダーウッドなどが、ミイラを作るための防腐剤として使用されていました。

また、世界三大美女のひとりであるクレオパトラは、香水として使用して自身の魅力を引き出し、その美貌と香りで数々の男性を魅了したといわれています。

10世紀〜11世紀

10世紀に入るとアラビアの医者であり科学者のイブン・シーナによる偶然の発見から、現在もアロマテラピーで使用されている水蒸気蒸留法による精油の生産方法が確立されました。その後、十字軍の遠征とともに精油はヨーロッパへと広まることとなります。

20世紀

20世紀の始めごろ、フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、自身の体験をもとにしてアロマテラピーという言葉を生み出しました。
また、この頃はガットフォセをはじめ多くの学者達が、植物から抽出される精油の研究を始めるようになります。このように、アロマテラピーには奥深い歴史があります。

鹿児島県にてアロマ教室などをお探しでしたら、Aroma drops*をご利用ください。
鹿児島市にあるアロマテラピー教室のAroma drops*では、資格取得を目指すAEAJアドバイザー対応教室から、アロマセラピー初心者の方におすすめのアロマの1日教室などを開催しております。

アロマ教室では、アロマを使用したバスソルトやハンドクリームなど、アロマクラフトを作ることも可能です。鹿児島市にお住まいでアロマ教室をご利用の際は、Aroma drops*にぜひお問い合わせください。

Copyright(c) 2009-2015 Aroma drops* All rights reserved.